常識があしかせになるなんてもったいないという敬愛する職人の言葉があります。常識は常に当たり前でその枠を超えられないのが普通です。しかし、いつの時代もその常識の枠を超えた異端な考え方にこそ新発見があり、次なる時代の牽引役をしてきました。その枠にとらわれない思考をリスペクトしながら当社は地域のユーザーに根差し、琥珀色の飲み物に一喜一憂する業界に足を踏み入れ十数年。コーヒー提供に関するすばらしい機材、サービスを提案し、新しい息吹を提供していきます。


Contents

Coffee Machine

業務用のハイスペックコーヒーマシン。
イージー操作のフルオートタイプ。
バリスタが作り出す味を再現します。
 

RO Water system

水処理なら世界標準の逆浸透膜浄水器。
水硬度を減らしマシントラブル回避します。
味の安定化につながる超軟水を作ります。

Roast Machine

自動焙煎プログラムで安全管理。
100gから1kgまで希望の操作性。
失敗やロスが少ない焙煎機です。

Coffee Machine

数ある業務用コーヒーマシンの中でハイスペックで充実のアフターサービスを手掛けているメーカーのものを選定してお勧めしています
 

ドイツの名機ベーエムエフ。
150年の歴史が生むプロユースマシン。 
 

 
 
オランダから上陸のドリップマシン、アニモ。
味は他のドリップマシンをよせつけません。 

 
 
 スイスの名機ユラ。
数々の賞を総なめにしている名機ぞろい。
 

RO Water

 
地上で唯一の信頼のおける浄水システム
それが逆浸透膜浄水システムです。
 

 


珈琲や紅茶に軟水は重要です

珈琲や紅茶に軟水を使用する事が成分本来の味を再現することは今や常識ですが、国内の水源には地域により硬水の場所も多くあり、ミネラルが多く含まれています。そのミネラルの主成分には重金属、軽金属が混在しており重金属を体内に多く摂取すると弊害をもたらす恐れがあります。ミネラルが入った水だから体にいいと勘違いしやすいですが、ミネラルたっぷりの硬水(TDS値30以上)を使用すると臓器負担弊害と味に左右され、濃くなりやすく、結果的に味のバランスが悪くなります。


水分子しか通さない浸透膜

浸透膜という数ミクロンの膜に圧力をかけて水分子だけ通すアメリカで生まれた逆浸透膜浄水装置。海水や汚水を限りなく真水に変えます。鉄・銅・溶解性鉛・水銀・トリハロメタン・カドミウム等のイオン化合物を95%以上除去し安全な水に変えます。この装置は圧力ポンプが必要で、日本国内では水圧が低いところが多く、市販品でポンプがないものは除去率が低下してしまいます。また排圧の調整をし圧力調整をする為、専任の技術者、メンテナンスが必要とされるので専任者にお任せください。

 
  

不純物のみ排水します

原水から前処理フィルターを通し、浸透膜にポンプで圧力をかけ不純物を排水し、浄水された綺麗な水を圧力タンクに溜め込み使用します。最近のボトルドウォーターも逆浸透膜装置を使用していますが、ボトルタンクには環境ホルモン材が使用されている事で近年問題視されています。水は作り立てが美味しく安全という証拠かもしれません。日本の水道法順守項目は50項目ほどで、アメリカでは260項目ほどあり、アメリカの家庭で普及しているのが逆浸透膜装置です。

 
アンダーシンクタイプ
 
緊急タイプ(通常業務可)
  
 
大型施設タイプ

Roast Machine

 
   
  

Access

株式会社YFS (ワイエフエス) 
石川県金沢市黒田1丁目179番地クレドール1F
Tel : 076-269-3565  Fax : 076-269-3570
Email : mail@yfs-jp.net 代表取締役 横山 隆

Contact